結構がんばっている山口銀行を研究しよう

山口銀行の商品とサービス

山口銀行グループの発展と拡大

山口銀行は徐々にその規模を拡大させつつあります。山口銀行はその名の通り、山口県下関市に本拠地を置く地方銀行ですが、その影響を次第に他の県へも広げているのが山口銀行の経営戦略です。

といっても、店舗をどんどん立てていくのではなく、既存の銀行を実質的に傘下に収める形でグループの発展と拡大を図っているのが大きな特徴です。山口銀行では金融持株会社「山口フィナンシャルグループ」(YMFG)を新設し、その傘下に山口銀行をはじめとする系列銀行を同列に並べることで、総合的なフィナンシャルグループへの発展を狙っています。

例えば、広島県広島市に本拠地を置くもみじ銀行を傘下に収めたのも、もともと進出を目指していた広島県において、経営危機に陥ったもみじ銀行を実質的に救済する形で株式を譲り受け、その結果もみじ銀行を傘下に収めることで行えたことです。もみじ銀行自体もせとうち銀行と広島総合銀行が合併して誕生した銀行ですが、広島総合銀行の抱えていた不良債権処理が思うようにいかず、合併のメリットが失われていたところ、山口銀行が救済することになったのです。

もう1つは、北九州銀行の設立です。下関市の対岸にあたる福岡県北九州市では、西日本シティ銀行と福岡銀行が顧客獲得競争を行っていましたが、そこに「北九州銀行」を作り、顧客の奪い合いに参加したのが山口銀行グループです。元々は山口銀行だった店舗を、北九州地域の店舗だけ別の法人として独立させたのです。特に北九州地域では、これらのライバル争いから目が離せません。

Contents

Copyright

© 2014 結構がんばっている山口銀行を研究しよう